<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

110701夏。

暑い。
もう疲れたよ。
暑い。
福島市っちゃーもともと盆地で、夏は暑く、冬は寒いという厄介な土地なんです。
こもるんだよなあ空気が。

しかしまあ、原発事故のせいで外出時には子供には上着を着せて長袖長ズボン。
外出もしたくなくなるっつーの。

さて。
避難するかしないか。
今まで何回か旦那どんと議論しました。
避難にはなんとなく否定的な我が家。
(避難に向けて)
・一にも二にもとにかく不安
・大人だけなら気にしないけど、赤ちゃんが心配
・これから先2人目妊娠とか考えるとやっぱり不安
・深呼吸すら気を使うなんていや!

(避難はちょっと・・・)
・まず、お金はどーすんのさ?
・二重生活になるんでしょ?
・政府もアホだから自主避難には補償とかしないだろうし
・東電もアホだから自主避~以下略~
・避難したとしてもパパは会社があるんでこのまま残る
・私と赤ちゃんだけ新天地で新生活☆イェイ(なんて思えねー)
・避難するとして、知り合いも親戚もいない新しい土地で生活できるのか?
・いつまで???
・数値的に、住んでる場所、近所は0.1ないんだよね。
・もともとの数値よりかは高いけど近所はコンクリートだらけだからか、流れていったのか???
・線量低いなら、避難する必要はそこまでないんじゃないか。


旦那どんは工業系の大学を出ていて、詳しいことはわからんけど私の知らないようなこと(興味もないようなこと)をたくさん知っています。
大学院まで行ったそうな。
私は結婚してからもやつの学歴のことは知らなかったのでびっくりしました(遅い)
本人曰く、「就職先がなかったから、お金で買ったような学歴だから自慢にもならない」って。
実も蓋もない(って、漢字はこれであってるのかしら??)こといってるけど、震災後からあんまりあせらず、避難にも消極的だから何でそもそもそんなに落ち着いているのか聞きただすと、
「学生時代授業で習った」と。
で、「専門的な授業ではなく、物理の授業で1度放射線を習っただけ」と前置きしながら説明し始まったのです。
少し安心したのを覚えてる。
話を聞きながら、「勉強してるって、知識があるってすごいことだな」と思った。

この説明を受けたのはけっこう後になってからだったけど。
4月中旬とか。もっと早くに教えて欲しかったよ旦那どん・・・

確かに今も不安だし、10年後から30年後に出てくるなんていわれたらこの先一生不安だけど、まだ避難は考えていません。
この先よちよちレベルになったらまたちょっと考える。
さすがにお外では歩かせられないもん。

でも、放射線の影響のないところなんて、日本で見たら沖縄くらいしかないんじゃないのか。
知らない土地で生活していくストレスを考えると、まだ避難には行動を移せないな。


と、そんな日記でした。

東電はいきなり今後の健康への心配を押し付けられた福島県民にも補償すべきじゃないのか。
避難してなくても線量計買ったり、食生活の水は全部ミネラルウォーターにしたり、けっこう馬鹿にならない。
震災後はわけもわからず何度涙を流したか
子供が笑顔見せるたびに悲観的になって泣いてたよ
旦那どんは普通にオンラインゲームしてたけど←落ち着く理由を教えてくれないから私は混乱
口数が少なすぎるんだ奴は・・・!!
[PR]

by moominvalleys-sky | 2011-07-01 19:28 | 新☆日記