<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

110326大震災から2週間がすぎて

今まで、ここにはっきり書いたことなかったんだけど、私は福島市に住んでいます。

福島市って何の特徴もないし、歴史も会津ほど目立つこともないし、夏は暑いし冬は寒い盆地だし、子供の医療費がタダなことくらいしか自慢できることはないけど(子供がいないと生活には何の影響もないけど)、でも地元なんです。
大切な地元。

いま、地震が起きて、津波が襲って、原発がわけのわからない暴れかたをしています。
原発の放射性物質のおかげで、福島県産の畜産・酪農は風評被害で大きな損失。
一生懸命仕事をしてきた農家のかたがたは、目の前で今までの努力の結晶が廃棄されるという現実に直面しています。
原発の立ち入り禁止区域・屋内退避区域から程近い市町村にはやはり放射線の風評被害で、「放射線が怖い」というドライバーが物資を届けることなく手前の町で立ち去ってしまう。
いやいや一番怖いのは地元の人たちだから。
こわがんないでよ。

すげーこわいよ原発。
なんだよでっかい扇風機設置して海側に風流せよ!神風!とか思ってしまう。
原発さえ解決すれば、心は軽くなるのに。
まだ生まれて3ヶ月のうちの息子は、将来ガンになるために生まれたんじゃないんです。
冗談じゃない。じいさまになってたくさんのひ孫に囲まれて余生を過ごすくらいになってもらわないと。

岩手も宮城も少しずつ前に向かっているのに。
福島だけは前に向けない。
現場の作業員は一生懸命がんばってくれているんだと思うけどね。

福島県から他県へ逃げ出す人がたくさんいるけど、避難先で福島県人だとわかると宿泊拒否されたり、「スクリーミング検査して被曝してないことを証明しないと避難所へ入れない」とか、あと、単身赴任先から福島県内に戻るのに引越し業者に断られたりなんてことが実際もう起きているそうです。
(全部ラジオ福島から聞きました)
ラジオに投稿された内容によると「福島県の人には『福島県』って札を貼ってほしいくらいだわ」なんていってるクソババアもいたそうで(たぶんそういうやつほどセレブきどってんだろーな)
まあそういう人間は今後そんなこと言われる日がきたら一番に被害者ぶるんでしょうけど。
死んだとしても言われたほうの気持ちはわからんだろうしな。
まったく二次災害、三次災害もはなはだしい。

テレビやネットでは「放射線に詳しい先生」が多すぎて、しかもみんな言ってる事バラバラで誰を信じていいのかわからないので、私は一番最初から冷静な意見を言っていた先生一人に決めました。
(ほんまでっかの武田先生には、ちょっと残念・・・)

とりあえずここ最近憤っていたことを書き連ねたので読みにくい文になってしまったけど。

あまりにも情報やデマが飛び交っているので、こういう世の中もひどいなと思いました。
やっぱりワイドショーはきらいだな。テレビっ子だけど、ワイドショーにはがっかり。

この原発騒ぎが始まってから一度もエアコン使ってないし、子供は一度も外出はさせてません。
水の不安もあるので、息子用に用意はしました。
あとで「あの時こうしていれば」なんて思いたくない。
地元でもう少しはがんばりたいです。

早く何の心配もなくお散歩できるようになりたい。
せめて生まれてはじめての桜は、気持ちよく見せてあげたいです。

福島市内はガソリン、灯油はだんだん供給戻ってきました。
物流もだんだん。
あとは原発さえ収束すれば。
私も沿岸地域に何か役になることをしたい。

いわき、南相馬、相馬、新地、亘理、松島、名取、石巻、気仙沼・・・ちょこちょこドライブに行って温泉入ったりおいしいもの食べに行ったりしてました。
あの時接客してくれたおばちゃん、道案内してくれたおじさん、名前も知らない人たちだけどみんな無事でいてくれるといいな。
復興したらまたおいしいもの食べに行きます。
復興、がんばりましょう。
[PR]

by moominvalleys-sky | 2011-03-26 22:09 | 新☆日記