<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

101021旅に出ます

ふへへへへ。
今日、あと2時間後に出発だーい!
東京に行ってきます。
何年ぶりかな、4~5年ぶり??
こんなにブランクあいたの、人生で初めてだ。

今日はねずみの国。
明日はねずみの海のほう。
あさっては築地とか浅草とか上野のほうをブラブラしようかなと。
無理はできない旅なのに、子供が生まれたら当分行けないという思いから、けっこういろいろ詰め込んだかな。
旦那どんはしぶしぶ休みを取ってくれました。
「今後、もう行かないからね」とはっきりいわれたけど。
(あんまり行ったことがないそうで、混むから嫌なんだとか)
それでいいのです。
子供が生まれたら、子供連れて行くし。母親と。

今回はなんとミラコスタに泊まるのだー!
(遅くて小規模なハネムーンのつもり)
私の一生ではミラコスタはこれが最初で最後かな。
あとはオフィシャルでいいや。
満喫してこようっと。

妊婦検診では、妊娠後期に入って貧血がちょっと出てきたみたい。
あと体重以外順調なんだけど(お腹がすいて大変・・・)
鉄剤出された。
昔食べれなかったレバーとかも頑張って食べたりしてる。
こないだちょっと出かけたときに歩いてて具合が悪かったのは、貧血だったのね・・・といまさら気づく。
無理はしないけど、できる限り楽しもう。
絶叫系に乗れないのが難点・・・。
しょうがないけど。
ショーとか、ショーとか、ゆったり目のアトラクションメイン(あと食べ物ね!)とお土産屋さんめぐりのTDLかな、今回は。

つーわけで、行ってきます。


(そうそう、今回使った旅行会社は驚くほどサービスの悪いところでした。
次回からは使わないことにしよう。
クレームの電話もしたくないくらい、もう関わりたくない会社。
普段、ぼんやりしててこんなことも考えないタチなんだけど。
今回ばかりはちょっと頭に来た)
[PR]

by moominvalleys-sky | 2010-10-21 03:47 | 新☆日記

101017日記

いつもこの日記は旦那どんが家にいないとき書きます。
このブログの存在は知っているけど、具体的にエキサイトでやってるとかは教えていないので、なんとなくこのままこのブログは見せない方向でこの先も。
そして、なぜか結婚生活のことばかり書いてるのかというとあんまり人に話していないからです。
最近は友達ともあんまり会っていない(妊娠してから、なんか疲れやすくなって)ので、ちょうどいいのです。

今日も旦那どんは休日出勤。
今週は無理を言って夢のねずみの国に行くために休みを取ってもらうのですが、この土日休日出勤したから奴は実質9連勤。
ということは私は9日間連続お弁当。
最近、ふと考えるといつも代わり映えしないお弁当の内容になってきた。
これがマンネリというものですか。そうなんですね。
ブロッコリーと、玉子焼きと、なんかお肉を適当につめる。
「野菜」「万能栄養素玉子」「肉」「(あれば)焼き魚」とつめりゃー栄養的にオッケ!
みたいな、ね。
ご飯には、旦那どんの実家のお母さんが漬けた梅干。とゴマを散らす。

毎日毎日同じだー。
作るの飽きた。
明日はどうしようかなあ。ちょっと料理の本(バイブル)とにらめっこしてきます。
[PR]

by moominvalleys-sky | 2010-10-17 20:13 | 新☆日記

101009苦手な掃除をやってみたら

そういえば、この夏こんなことがありましたとさ。


旦那どんは、超仕事人間です。
毎朝7時半に出勤し、帰ってくるのは最近は夜12時くらい。
このご時勢忙しいのはありがたいけど、残業に見合うくらいのお給料かといわれればそこはまったく見合っていないのが現状です・・・。
まあ真面目だけが取り柄ってああいうことを言うんだねって感じです。
私としては「真面目」の前に「クソ」とつけてやりたいくらい。
「時々はさー、1日、無理ならせめて午前中だけでも有給ってやつをつかいなよー」と、ちょくちょく悪魔のささやきをするんだけど、やつは超聞き分けのないクソ真面目だから(あっ言っちゃった★)寝ぼけ眼でぼんやりしながら出勤していきます。
そういえば世間では3連休の始まる本日も休日出勤。いつもなら休日出勤だと5時の定時で帰ってくるんだけど、今日はこの時間でもまだ帰ってきてない。
毎日毎日。飽きもせず会社。タフだなあ。私は楽でいいんだけど。
あーゆーのが定年を迎えたらソッコーボケるんだろうなあ。

旦那どんの実家のお母さんも拘束時間の長さを心配していて、「毎日12時近くまで仕事なんです」と話したところ、「もし過労死したら、会社訴えるのに弁護士費用はこちらで持つから!」なんていってくれました。
いやいやいやいや、これから子供生まれるし・・・。
せめて保険を見直してから・・・なんつー冗談はさておいて、珍しく旦那どんが家にいる休日にまたまた珍しく私がお掃除をしてたときの話です。

その日は旦那どんは何か買い物をしたかったらしく、でも出かける前に撮っておいたビデオを見たいというので、私はすることもなかったからしょうがなくお掃除をしていました。
私が行動を選択するときに、まず間違いなく優先順位の低い「お掃除」。
今年の夏はほんとに暑かったから、頭に血が昇っていたんでしょうね★

するとビデオ見てたのになんか血相変えて「どうしたの!?なにかあったの!?誰か来るの!!?」と聞いてくるから、「は?誰も来ないし。ゆっくりしてなよ、ビデオ見てるうちにここ掃除してるから、どっちも終わったら一緒に出かけよう」と返したところ、
「お昼ごはん何食べたい???食べたいの何でも食べさせてあげる!」
と目を輝かせてた。
うーん・・・。私って・・・。
どんだけレベルが低いんだ・・・。
ま、できない子がちょっとできただけですっっっげえほめられるってことですね。
そして私は褒められれば伸びる子★
(でもその後頻繁にお掃除してるかといえば、していないけど)←きっぱり
別に「お掃除してるよ!ほら見て☆」ってアピールしたつもりもなかったんだけどな。
スタートラインが低いって、ステキ★
旦那どんも私もとりあえず「やったー」って思ったってことで、丸く収まった出来事でした。

結局、このときは海外の出張から帰ってきたばかりの旦那どんが食べたい「とんかつ」を食べに行きました。とさ~
[PR]

by moominvalleys-sky | 2010-10-09 19:23 | 新☆日記

101005旦那どんの婿入り道具

いや、「婿」ではないけどさ。

料理。
結婚前はあんまりしなかった。
テレビとか雑誌を見ていて「これが作りたい(食べたい)!」と強く思ったときや、妹や母親に「〇〇が食べたい」といわれて、明確に目標ができたときしか作らなかったなあ。
一時期は頑張って毎日お弁当作ってたりしたけど、職場が変わると習慣にならなかったり。
まあ何事も「続かない」私ですから。

結婚してみたら、当たり前だけど「ご飯を作る人」が私になり、「〇〇が食べたいという人」は旦那どんになりました。
毎日毎日、献立を考える。
一応、まじめに取り組んでいる。
できれば冷凍食品やインスタントラーメンは使わない方向で。
世の中の「お母さん」はほんとみんな立派です。
最初絶句しました。毎食ご飯作るのめんどくさくて。
私一人だったら白いご飯と納豆でいいんだけど、やっぱりそうはいかない。
何でこんなにめんどくさいのか考えました。
理由はたぶんひとつ。
「レパートリーが少ないから」
生まれてからずっと母親がいろいろ作って食べさせてくれてたけど、自分自身で作るとなるとそんなに何種類もの料理を作ったことがないのでした。

一緒に暮らし始めたとき、旦那どんの荷物の中にえらい分厚い本が。
なんだなんだと開いてみると、葉物やイモ類や魚やお肉、ご飯など、事細かな材料ごとの代表的な調理例がそれはもうすっごく丁寧に説明されている料理の本。
旦那は20歳で親元から離れた大学に編入してそこから丸8年一人暮らしだったので、自炊もそこそこしていたと聞いてたので自分で買ったのか聞いたら、
「最初に一人暮らしを始めるときに母親がくれた」
という答えが返ってきました。
なるほど。

旦那どんのお母さんは、とても愛情深い人です。
旦那どんを含め子供たちに惜しみなく愛情を注いできたんだなあ、とちょっと話しただけで推察できる。
旦那どんもお母さんを大事に思っているのがよくわかります。
決して「マザコン」ではないです。
むこうのお母さんはこんなどこの馬の骨だかわからないような私もことも大事に思ってくれてるのがわかります。

あのお母さん(お義母さんとは書きたくないのです)と話していると、「この人の息子を(もう少ししたら孫も)お預かりするんだから、大事にしないと」と思わせられます。
はっきり書くと、尊敬してます。
離れた土地にいるからそんなに会えないけど、もし近くに住んでいたらまったく違和感なく自分の子供を預けられる。(そして自分は働く)

私の家は母親とおばあちゃんの嫁姑戦争がすごかったので、自分自身の姑があんなにいい人でいいのかと不安になるくらい。
私の母親も、顔合わせで向こうのお母さんとお話してからかなり驚いていました。
「ほんとにいいお姑さんであんたはよかったね」と。
結婚して私の祖母みたいな人だったら、正直預けたくないです。自分の子。

そんなお母さんが、自分の元から離れていく息子に送った料理本。
もれなく今の私の教科書です。
かなり大切な本になっています。
ネットでクックパッドとか、ケータイだとモバレピとかでレシピ検索したりするけど、一番信用度が高いのはお母さんの本。

というわけで、地味に挑戦を続けています。
とりあえず最初に旦那どんが「これ食べたい」と料理本の中で指をさした「豚の角煮」は作れるようになりました。
さーて明日は何を作ろうかな。
[PR]

by moominvalleys-sky | 2010-10-05 23:58 | 新☆日記